あくまでも日本古来の伝統を重んじる立場から、印材は 自然木 】、印字は、「紙幣の押印」と同じ【 てん書字体 】

その価値は今さら申し上げるまでもなく、知る人ぞ知る≪正導印≫です。

流行に流されない美しい顔の印鑑は、あなたの分身として光輝くことでしょう。

「実印」は元より、日常使う「認印」にも、傑出した存在感は溢れます。

卒業・就職・結婚…人生の節目に、最上の贈り物として是非ご利用下さいませ。


正導印は一刻入魂!迫真迫る手彫り印鑑です。


正導印のこだわり

● 正導印の二大特徴…「 印材 」 と 「 印字 」 へのこだわり

 
 
 印材は「自然木」たること 
 
 
昭和に入り生活水準が高まるにつれ、様々な印材が出現していますが、正導印はあくまで 「 自然木 」 に限ります。

木には文字通り生命があり、悠久古木には神宿る霊性があるという 日本古来の原理原則から逸脱しない由縁です。
 
特に、正導印が 【 五百年木 】 の 商標 をもってご提供する印鑑は、「 1,000メートルの高地に生殖する自然木 」 を使用するものであり、
それは500年の風雨にも耐えたとされることから、五百年木の冠を戴いております。
 
その密度は金属の如く詰み、一度持てば違いを体感出来る気品と重厚な感触 は、他の追随を許しません。

 

 印字は 「てん書古てん」 たること 
 

「てん書字体」は、古代から印字に用いられ、長い歴史を経て今日に至っているものです。

日本国の行政を司る印の書体が実に「てん書字体」であること、なかんずく紙幣の押印がこれによっていること見れば、お察し頂けると思います。

 「てん書字体」は日本国の歴史と歩調を同じくする申しても過言ではないのです。

ところが、「古てん書彫り」は長年の修行を要することから、一流と言われる「てん書彫り専門家」が少なく、必然、後継者も極少ないのが現状であるため、

ますます我流が横行する弊に陥っています。

正導印は、正統の「てん書字体」による印を世に広め守る使命を自負しております。

 

 

● 各種印鑑のご案内  正導印にみる各印の個性とは…

 実印 

貴方の大いなる分身として財産の管理をしますから、一生の付き合いになるものです。

それゆえに 重厚で耐久性のあることが要求されます。

事故の起きやすい機械彫りではなく、手彫りであることが絶対の条件と考えます。

 
 銀行印 

金融機関と貴方をつなぐ大切な役割を担います。

実印と同様に金融資産を守りますが、本来的に実印と銀行印は役割を異にしますから、両者は峻別すべきです。

 
 認め印 

日々の生活の中で、最も頻繁に使用されます。

ところが、意外に軽く扱われ、使い捨て感覚ですらあります。

賢者は、正に日常の顔を表す認印にこそ気を配ります。

認印は仕事を司り、仕事印とも言われます。

正導印は、伝統の力を常日頃において存分に発揮して頂きたいと願うものです。

作者紹介

手彫りの匠・佐野年秀氏 の技術と実績は 郷土の伝統工芸を支え、新しい時代へ引き継がれています

inkansakusya.jpginkansakuay2.jpg

 

継続は力であり、伝統は その証です。

inkankoubou.jpg    inkankoubou2.jpg

正導印 価格表

正導印が特に【五百年木】の商標をもってご提供する印鑑は、1,000メートルの高地に生殖する自然木」を使用するものであり、
それは500年の風雨にも耐えたとされることから、五百年木の冠を戴いております。
その密度は金属の如く詰み、一度持てば違いを体感出来る気品と重厚な感触は、他の追随を許しません。
 
 
五百年木正導道之 男性印 
     ・ 実印                         ¥25,000
     ・ 銀行印                        ¥25,000
     ・ 認印                         ¥10,000
     ・ 実印・銀行印・認め印 三本セット           ¥60,000

 

五百年木正導道之 女性印 
     ・ 実印                         ¥25,000
     ・ 銀行印                        ¥25,000
     ・ 認印                         ¥10,000
     ・ 実印・銀行印・認め印 三本セット           ¥60,000
 
 
  正導印は 全て 「 手彫り 」 のため、受注後生産となりますので 約一週間 を要します。ご容赦下さいませ。
 なお、それ以上の期間を要する場合には、当方よりご連絡申し上げます。
 
・個別案件のご相談は「進藤潮流式気功整体・白刀流運気学」正導印の白刃流運気学講座」にて有料受付しております。


tyuumon.gif

正導印運気学講座

運気学と正導印の繋がり

正導印は、紙幣の印にも使用する「てん書彫り」の正統を刻む印鑑でありそれゆえ個人個々の運命を超越し、正しく万人の生涯を大吉運へ導く印鑑と申せます。
しかしながら 神ならぬ身の我々が、その本意に従い悠然と王道を歩む業は至難でもあります。
いきおい焦り、また喜怒哀楽の渦に巻き込まれるうち、やがてあらぬ道を彷徨いがちです。
人生を例えて、「一寸先は闇」あるいは「魔が潜む」と申します。
私たちにとって、人生は複雑怪奇です。
正導印の白刃流運気学は、雑事の間隙に「魔」を入れぬよう、生み出された解説書です。
白刀流運気学を学ぶことは、同時に、正導印の宇宙に触れることに繋がります。

白刀流運気学とは

白刀流運気学は、御射山先生の「0の占命学(四柱推命学の十二運の応用)」に端を発し ,
鑑定家の間でも難解であるが故に 敬遠されてきた「大運鑑定法」の領域において先人によって大運計算法が加えられ
それを更に精度高く完成させたのが、白刀流運気学です。

 

白刀流運気学、最大の特徴は、人の運気について、「小運気の概念」と「大運気の概念」を統合鑑定することにあります。
こうすることで、より厳格な予知鑑定を可能にして、さらには、単に「当たる当たらない瑣末の議論」に終始しない
「運気学の真髄」にも降れるものです。

そもそも運気学とは、己自身の宿命を探り、ひいては、遍く命を授ける大宇宙にまで想いを馳せん、広大無辺の学問です。
その深遠さゆえに、運気学の歩みは古来綿々止まることがなく、探求し続けて色あせぬ魅力に溢れます。

「白刀流運気学」にも先人遺訓の多大な下敷きがあり、今に生きる我々個々の自由な発想をもって、さらなる推進力と
為すところです。
「人の脳は、ほとんど使われてない!」とはよく言われますけれど、その使われてない部分にこそ、輝ける未来への入り口が
潜むのではないか…
「白刀」の冠には、運気の閃きをもって咄嗟の難儀を受け止め、なお先んじて希望ある将来を切り開かん!とする考案者の
気概が籠められております。
またそれが何より個人の自由意思を重んじる「白刀流運気学」の原点です。

「運気を探り、運気に縛られる」では、「木を見て森を見ず」の例えに陥り、運気学が在る意味を失います。

出来得れば…宇宙の法則を知り同化して、生き易く生きたい。運気の上下に惑うことなく、確たる意思をもって将来に
向かいたい…。

創設者の願いは万人の願いに叶うと信じ、運気学の樹海を模索する中で、「(創設者の言うところ)思考より年月が蔓草を
削ぎ落としてくれた案配」に、大地に根を張る「幹」のみが自ずから残ったようです。

これを機会に、「白刀流運気学」の一端に触れて下されば幸いにございます。


白刀流運気学による「個人鑑定」

★ 個人鑑定について 
①貴方様個人の「運気」を電話鑑定・郵送鑑定致します。
いわゆる「鑑定ソフト」を利用するものではなく、当会が白刀流運気学に定められた手順…大運気と小運気の総合鑑定」に従う個別鑑定です。

②内容はおおよそ次の通りです。
個別作成した貴方の小運気表・方位・時間表・貴方と不特定相手との相性鑑定・総合的な鑑定・特に相談されたい問題への回答

③鑑定料(税込)は、「1個人」につき ¥10,000(税込) です。 
特定の相手との相性を見る場合お一人に付き千円プラスとなります。
※送料は、全国一律 ¥500 です。

④お申し込方法・・・下記宛振込の上進藤潮流式気功整体・白刀流運気学まで連絡をお願い致します。

振込先…ゆうちょ銀行 10280ー88318821 シンドウナオト宛

        銀行からの場合

           【支店】028ゼロニハチ
           【店番】028
           【預金種目】普通預金
           【口座番号】8831882
            ご不明な点がございましたらお気軽にお電話下さい。



連絡先・・・〒252ー0311
      神奈川県 相模原市 南区 東林間 5ー1ー11 2F 
      進藤潮流式気功整体・白刀流運気学  進藤 直人
      TEL:042ー743ー0011

⑤その他

特に相談されたい問題が対人関係である場合は、その相手方の生年月日が分かれば、明記して下さい。
より正確に鑑定出来ます。不明確なときは年齢もしくは干支を記して下さい。
相手方の資料が全て不明のときは、あなただけの資料で鑑定致します。
なお、相手方の氏名は不要です。

秘密を厳守致します。
氏名・〒住所・TEL番号は、郵送について不慮の事態等のみ使用し一定期間の保存を待って消去させて頂きます。